Story /Characters

あらすじ / 登場人物

Story

〈チャーム〉
冒険、演劇、料理、スポーツ、音楽など、あらゆる面で助けてくれる小さな妖精。
幸運を授け、不運から守る力があるため、お守りになぞらえて
「チャーム」と呼ばれる。
シンクロトーン
人間と〈チャーム〉によって奏でられる新しい音楽。
この世界では新しい音楽のジャンルの一つとして生まれ、人々に認められつつある。

Character

本作の主人公。港町リエットに暮らす、ごく普通の女の子。いまだに〈チャーム〉がおらず、そのことに強いコンプレックスを抱いている。内気で自分に自信がなく、いつもうつむきがち。幼なじみのアレンに淡い恋心を抱くも、口に出せないでいる。

主人のいない、はぐれ〈チャーム〉。ひょんなことからサーシャと出会い、彼女のそばにいるようになる。サーシャとは正反対の勝ち気な性格だが、それは自信のなさの裏返し。一生懸命なところが空回りしてばかりで、人の手助けができない自分を情けなく感じている。

サーシャの幼なじみ。少し年上で、サーシャのことを妹のように可愛がっている。気さくで、誰とでも親しくなれる快活な少年。シンクロトーンの音色に感動し、楽器職人になる夢を叶えるため、努力を続けている。

アレンの〈チャーム〉。大人びた女性で、アレンをたしなめる母親・姉がわり。サーシャのことも気にかけており、さりげなく手助けをしてくれる。アレンとサーシャの仲は見守るスタンスで、口出しは控えている。

大都会カリオンブルグで絶大な人気を誇る〈金色の歌姫〉。抜群の歌唱力と明るい性格で、誰からも好かれる美人。反面、日常生活ではどこか抜けており、ドジな一面もある。サーシャの才能を見抜き、背中を強く押して彼女の恋を応援する。

ステラの〈チャーム〉。やたらと仰々しいしゃべり方をして、そんな自分に酔っている不思議な子。ステラがおもしろがって同調するため、まったく治る気配はない。ステラが歌うときには伴奏をする。こんな性格だが、演奏はかなり上手。

ステラとコンビを組んでいる作曲家。もの静かで、突っ走り気味なステラの手綱を引く役目も担っている。才能を評価しているがゆえに、ステラに対してはわりと厳しい。失恋した昔の自分をサーシャと重ね、彼女が前に踏み出せるように優しく導く。

ミスティの〈チャーム〉。気ままなのんびり屋で、いつも眠そうにしている。見た目も性格も幼く、趣味はお昼寝。ミスティが大好きで、ひざの上が一番のお気に入り。

アレンの友達。軽いノリの少年。あけすけな性格で、悪気はないのだが、余計なことまでずけずけ言ってしまう。成績はあまりよくない。

アレンの友達で、マックスのお目付け役。サーシャとも仲良くなりたいと思っており、ときどき話しかけている。マックスに手を焼かされ、気苦労が絶えない毎日。

育ち盛りで、食欲旺盛なお嬢様。料理は食べることも作ることも好きで、その熱意は人一倍。

ローザの〈チャーム〉。落ち着いた老紳士。ローザの食い意地に少々呆れ気味。

朴訥な少年。人は好いのだが、飽きっぽく、根性が足りない。ガーネットに毎朝のジョギングを課せられ、泣きそう。

トニーの〈チャーム〉。ものすごい体育会系で、トニーを毎日ビシバシと鍛えている。

サーシャの母親。しっかり者で家事全般をてきぱきとこなし、サーシャやルビーの面倒を見ている。少しばかり口うるさいのが玉にキズ。

inserted by FC2 system